Twitter Blueで日本から公式マーク(認証バッジ)をゲットしよう!

忘備録
スポンサードリンク

今回はTwitter Blueを使って公式マークをゲットする方法を解説します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitter Blueとは

Twitter Blueは米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドで先行提供されているTwitterの有料サービスです。日本ではまだ提供されていないサービスです。

 

2022年11月9日から、Twitter Blue利用者には「認証済みアカウント」のバッジが付与されるようになりました。

Twitter Blueを日本でサブスクする方法を解説していきます。

スポンサードリンク

必要なもの

  • iOS搭載デバイス
  • VPNアプリ
  • 日本のApple ID
  • アメリカのApple ID作成時に使うメールアドレス

Twitter Blueへの登録ボタンを出すためには、アメリカのApple IDでログインしたデバイスでアメリカのIPからアクセスする必要があります。
ですが、課金ボタンを表示させた後は通常の日本のApple IDから課金が可能です。

アメリカのApple IDで課金する必要は無く、アメリカのクレジットカードも不要です!

 

スポンサードリンク

Twitter Blue登録手順

1. iOS版Twitterアプリでアカウントにログイン

Twitter Blueの登録にはiOSのTwitterアプリが必要なのでインストールしてください。

その後Twitter Blueに登録したいTwitterアカウントでログインします。

App Store

 

2. VPNアプリをインストール

アメリカのApple IDをiPhoneに入れる前に、VPNアプリを日本のApple IDでダウンロードして準備しておきます。今回は無料のVPNネコを使います。

App Store

 

3. アメリカのApple IDを作成

AppleのApple ID作成ページから、Twitter Blueを使うことができるアメリカ合衆国のApple IDを作成します。ここで「国/地域」から「アメリカ合衆国」を選択すれば、Twitter Blueに登録可能なApple IDとなります。

電話番号に関しては+81(日本)のまま日本の電話番号を入力すれば認証可能なので、アメリカの電話番号は不要です。

新しいメールアドレスをGmailにて作成して追加しましょう。

4. アメリカのApple IDでログイン

設定からApple ID→サインアウトし、アメリカ用アカウントでログインします。

5. VPNを接続

国設定をアメリカにしてVPN接続すればおkです。

6. Twitter Blueの登録ボタンを表示させる

7. 日本のApple IDに切り替えて、日本のApple IDで登録ボタンを押す

 

8. VPNの切断

 

スポンサードリンク

簡単に公式マークをゲットしましょう!

登録するなら今のうちです!
良いTwitterライフを!

 

忘備録
スポンサードリンク
スポンサードリンク
シェアする
victreamのSNSはこちら!
スポンサードリンク
victreamブログ(リスナリズム)
タイトルとURLをコピーしました